サムネイル

NEWS・BLOG ニュース・ブログ一覧

 

 

こんにちは。
株式会社アースコム、エネルギー事業部メンテナンス課の杉本です。

本日は、埼玉県加須市中樋遣川の『埼玉加須発電所』のメンテナンスの結果について書かせて頂きます。

 

<区画数> 13区画
<システム容量>   51kw/1区画当たり(10区画)
25.5kw/1区画当たり(3区画)
586.5kw/13区画
<パネル枚数>  200枚/1区画当たり(10区画)
100枚/1区画当たり(3区画)
2300枚/13区画
<パワーコンティショナー> 4.5×10台=45kw/1区画当たり(10区画)
4.5×5台=22.5kw/1区画当たり(3区画)

 

の低圧分譲型太陽光発電所になります。

 

 

この度、埼玉加須発電所の定期メンテナンスを12月7日~12月10日にかけて実施致しました。
こちらの太陽光発電所は今年の3月に連系を行いました低圧分譲型になります。
会社からもっとも近い分譲型太陽光発電発電所になります。

 

 

この分譲型太陽光発電設備は売電目的の方や、消却目的の方など様々なお客様が購入されております。
前回のブログ(○○参照)に掲載しましたが、加須発電所に防草対策として防草シートを敷設致しました。
このシートを敷くことによって発電に影響がないよう雑草による影を防ぐことが出来ます。

こちらのブログをご覧になって下さい。
施工ブログ 【埼玉県加須発電所 ・ 除草シート】

 

 

電気点検、パネル点検では特に問題はありませんでした。
これもいつ異常が起きるかわかりません。定期的なメンテナンスを行うことでお客様の太陽光発電所を守ることが出来ます。

 

 

 

太陽電池パネルは、強化ガラスでコーティングされてはいますが、汚れは年々積み重なっていきます。
1枚のパネルの発電量が下がってしまうと繋がっている他のパネルの発電量も電圧自体が低下してしまうので、無視できないのが実状です。

 

 

 

トラブルの中でも最も多いのが、パワーコンディショナーの故障。
機械ですので、配線の不具合や老朽化により故障が起こってしまいます。
この問題はパワーコンディショナの電圧・電流を測る事で、より具体的な故障部分を見つけることができます。
『メンテナンスはふようですよ』という販売会社がいるようですが、このような事実を知らないため、メンテナンスを無視してしまっている会社も多いです。
気付かなかった場合は多大な損失になってしまうので、皆様には最小のコストで、最悪の回避が出来ることを知っておいて頂きたいと思います。

今回も、ドローンで太陽光発電所の写真を撮りましたので貼らせて頂きます。
こちらがドローン写真になります。

IMG_7255   IMG_7256

本日は天気にも恵まれ良い写真を撮ることが出来ました。
メンテナンスについて分からないことがありましたら是非、弊社にお問い合わせくださいませ。
今後もブログを通して色々な事を書いていきますので宜しくお願い致します!

カテゴリ

タグ

test,test2,test3

アーカイブ

各種お問い合わせ
よくある質問
CM・メディア関連情報

お申し込み・ご質問・ご相談など

太陽光投資に関する各種お問い合わせ
無料シミュレーションはこちらから